治療方針

治療方針

方針イメージ

はりきゅう経絡治療により体質を改善していくことによって、月経周期における視床下部-下垂体-卵巣系のホルモン分泌機能を整え、子宮内膜と卵巣の周期的な変化の状態を妊娠(着床)の成立、維持に適した状態へと促していくことを治療方針といたします。

治療の流れについて

  • 問診

    問診票にご記入いただいた後、以下の事柄についてお伺いいたします。月経周期、月経の程度、基礎体温(低温相、高温相の程度、期間)、体質(冷え症等)、妊娠に関するご希望(自然妊娠希望、人工授精希望、体外受精考慮等)、婦人科クリニックでの検査、婦人科クリニックでの治療計画(採卵、胚移植のご予定)等。
  • カウンセリング

    問診でお伺いした内容に基づいて、月経周期における子宮内膜の増殖肥厚の程度、卵巣からの排卵や女性ホルモン(エストロゲン、プロゲストロン)の分泌の程度、日常の妊娠活動のポイント等について医学的に考えられる可能性をお話しいたします。また、はりきゅう経絡治療について分かりやすい言葉でご説明いたします。
  • 治療計画の立案

    月経周期や妊娠に関するご希望、また婦人科クリニックでの治療計画等に合わせて当院での治療計画をご提案いたします。
  • 治療

    脈診や腹診の所見等、お身体の状態について分かりやすくご説明しながら、はりきゅう経絡治療(痛くないはり・熱くないきゅう)で丁寧に治療いたします。また日常の妊娠活動にご自宅でのきゅう治療(せんねん灸)をおすすめしていますので、そのツボをお取りいたします。

よくあるお問い合わせ(FAQ)